070818_1934~02.jpg
今日、描いた絵。
というより、今日、描き終えた絵。
5、6枚の絵を並行して描きます。
その中からある日突然「完成」する絵が出てきます。
ちょっとずつ描いていて、
なかなか決着のつかない絵もあります。
今日新しく描き始めた絵もあって、
それはキャベツをザクザク切った断面みたいです。

この間、図書館で借りた本、
食育の本、音律の本、シュタイナー教育の本、アイルランド神話の本。
今日、古本屋で買った本、石川啄木の新体詩集「あこがれ」。
寸でのところで買わなかった本、
野口雨情「十五夜お月さん」。

コメント
「墨あそび詩あそび土あそび」ホームページ管理スタッフです。とってもさわやかさとふかみをかね揃えた絵ですね。「墨あそび詩あそび土あそび」ホームページへご招待します。あそびにきてください。「墨あそび詩あそび土あそび」ホームページ管理スタッフです。
あ、この絵はすごくいいね!
まるの位置もつやつや感も色も大きさも、完璧☆

いま東京に居ます。
9月頭に帰って来るよ、遊ぼうね◎
  • by iku
  • 2007/08/24 9:07 AM
ikuちゃん、ありがとう!!!
今日はこの絵の額を注文してきたよ♪
東京、楽しんでますか?
また遊ぼうね。
コメントする
トラックバック
音律音律(おんりつ)とは、周波数の関係を規定することによって結びつけられた一組のピッチクラスをいう。周波数の関係は比で表現されることが多いが、この比が数値として把握されることが必要条件ではない──これは「あるピッチがやや高め」というような規定の仕方も
  • クラッシックの世界
  • 2007/10/06 6:58 PM
この記事のトラックバックURL