一定期間更新がないため広告を表示しています

最近のこと、箇条書き。

・Namazuのライブが終わった。
・辛島文雄トリオのライブに行った。
・AVANのリハがあった。

初めてのNamazuでのライブ、無事に終わりました。
いつもの曲たちに加えて、6月に出来た曲たち、
先月お亡くなりになった版画家の井田照一さんを悼む曲、
画家のミズテツオさんの詩画集の中の詩にメロディーを付けた曲、
小林一茶の俳句からインスピレーションを得て、その句そのものをタイトルにした曲など演奏しました。

岩波文庫の『一茶俳句集』を読んでいるのですが、面白くって♪
貧しい旅の様子を気取らず、面白おかしく詠んであります。
旅に出る前は「衣替えをしたらシラミからひと時解放されたよ」という内容を詠んでいるのに、
旅の最中になると「衣替えをした。替えたけどやっぱりシラミ…」という句が出てきたり。
「冷やし瓜二日たてども誰も来ぬ」
(川にもう2日間も冷やしてある瓜があるよ。誰も取りに来ないようだから、そろそろ自分が食べてもいいかなぁ?と私には読めるのですが…)
「手の前に蝶の息つぐ茸哉」
(茸を採ろうと手を伸ばしたら、その先に蝶がとまっていたよ。思わず見つめてしまったよ。という感じ。)

私が曲のタイトルにしたのは次の句。
「初蝶や一夜寝にけり犬の椀」
(今年も蝶の季節になって、この生まれたばかりの蝶が一晩、犬用のお椀の中にまどろんで行ったよ。食べられるかもしれないのにね。)
粒子の細かい夜の時間、そして眠たそうな蝶の羽。そういう曲。

ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました!



辛島文雄(p)トリオのライブ。井上陽介(b)、高橋信之介(ds)。
どの方の演奏も生で聴くのは初めて。
楽屋から会場へ向かう階段を下る辛島さんの身のこなしが軽やかで、
いつも何か運動をされているのかなぁと思いました。
そして演奏する時の手。
常に柔らかく丸く鍵盤に触れているので、手だけでなく鍵盤も柔らかくフワッとしたものに見えるほどでした。
辛島さんは何と私と同じ九州大学の先輩だそうです。

ドラムの高橋信之介さん、またしても同世代の”すごい人”を目の当たりにしてしまいました。
身体とドラムの間にリズムが渦巻いていて、目に見えないはずのリズムが見えてしまったような感じでした。


そして、7月24日(月)に初めて参加させていただくバンド、
AVAN(alternative vibes after noise)のリハ!
リーダーでベースのavanさん(http://www.geocities.jp/avanbass/)
が手配して下さったキーボードをお借りして演奏。
24日までに、とにかくこれに慣れること。
この楽器はどこをどうしたらどうなるのか。
音楽として成り立つように…!

皆さま、応援に来ていただけたら幸いです!

■7月24日(月)20時〜 
 ¥1500
 alternative vibes after noise (AVAN)ライブ
 avan(b) 藤井雅和(sax)藤山和哉(ds)ふかみあや(p&key)  
 JazzSpot RiverSide
 福岡市博多区中洲3-7-34-2F
 tel 092-281-6843
 http://www.jazz-riverside.com/
 いつもお世話になっているリバーサイドでのライブ!
 AVANというバンドで参加します。こんなの初めて!!なライブです。
 是非聴きにいらして下さい!

コメント
イッツ ジャスト ビギニング!
ちょっと元気のないときは辛島さんのこの曲を聴きます。
タイトルの言葉の意味も、辛島さんがこのタイトルをつけたエピソードも、曲自体もすべてが伝わって来るんです。
  • by のほほん
  • 2006/07/13 9:32 PM
のほほんさん、
コメントありがとうございま〜す!
イッツ ジャスト ビギニング!
どんな曲か聴いてみたいです♪♪
AVANライブ、絶対行く行く〜♪
紅一点なのですね!
早めに行って、いい席GETしなきゃ〜(^^)v
  • by MariMO
  • 2006/07/13 11:16 PM
MeriMOちゃん♪
嬉しい!来てね!紅一点だよ〜!
今回はキーボード演奏だから、必死で弾いてる顔がよく見えると思います(笑)。
六本松のコンサートに顔を出していました大津留公彦です。
転職により埼玉に戻りました。
あやさんの歌がなかなか聞けなくなったのが残念です。
忘れないように「よくおじゃまするサイト」に登録させて頂きました。これからも頑張って下さい。
大津留さん、お引越しなさったのですか!
どうぞお元気でお過ごし下さい。
コメントする
トラックバック
2月16日に会社を辞めましたがそのことを短歌にまとめました。 年末から作っていた
  • 大津留公彦のブログ2
  • 2007/03/19 2:55 PM
写真は大宰府の続きです。博多から東京に向かう夜行バスの中にいます。 引越荷物を
  • 大津留公彦のブログ2
  • 2007/03/19 2:56 PM
この記事のトラックバックURL