夢を見ました。
家に白い鳥が二羽。
私以外の家族が連れてきた鳥たち。
「ホーホケキョ」って鳴く文鳥と、オウム。
どちらも真っ白。
知らないうちに連れられてきた鳥たちで、
私と鳥たちは互いにあまり馴染まなかった。
ある朝、目が覚めて、
壁に掛かっている時計の裏側に鳥たちがいるのを見つける。
寝床から「ホーホケキョ」と鳴き真似をしてみると、
鳥たちがソワソワして、ちょっと落ち着かなくなった。
もう一回「ホーホケキョ」とやると、
二羽そろってゴソゴソとこちらにやってきた。
そして更にもう一回「ホーホケキョ」。
首をかしげて聴いている。
手を差し伸べると、もう迷わず乗ってきたので、
そのまま肩へ。
それからは両肩に一羽ずつとまらせて過ごしましたとさ。
とてもとてもかわいかった!
そんな夢。おしまい。



ここからは本当のこと。

昨夜は絵を描きました。
来月展覧会に出す絵。
私の個展ではなく、大勢の人たちの作品と一緒に一点だけ出展します。
今まではプリントアウトしたポストカードやポスターを、
ライブ会場で興味を持って下さる方に数百円でお分けしていたのですが、
本物の原画の展示は初めて。
そして買ってくださる方がおられたら、もちろん喜んで売るわけですが、
そうすると、私の手元からはその絵は永遠に無くなってしまうわけです。
これが好きだ好きだと思いながら描いて、
出来上がったら、やっぱり大好きと思っていて、
で、それが、もしかしたら永遠にどこかへ行っちゃうなんて、
とても辛いです。

その点、音楽は違います。
音楽は作ったら、ずっとある。
他の人が演奏しても、自分のところにずっとある。
自分のところにもあるし、誰かが私の音楽を覚えて口ずさんでいたら、
どこか知らない遠いところにもある。
(これは、考えれば考えるほど、すごく不思議。)

でも、とにかく私は絵を描いてそれを売るということをすると決めたので、そうします。
その上でよく考えてみたら、何てことだろう…と。
私と同じくらいこの絵を好きな人に買ってもらいたいです。
今日は額縁屋さんに行ってきます。

↑こういうことを考えながら寝たら、白い鳥の夢を見ました。
何でだろう??

というわけで、本当におしまい。

関連する記事
コメント
この記事を読みながら、あやさんのCDの音楽が脳内にこだましています。
鳥の白は無地のキャンバス。ほ−ほけきょは人の琴線をゆさぶる妙なる音色。あやさんの今日と未来を象徴しているようです。
のほほんさん、
ありがとうございます!
CD聴いて下さって嬉しいです♪
…そういう象徴的な夢だったのですね!
頑張ります!!
自分は、展覧会で気に入った絵を観ると幸福感に浸れます。

どこかの壁に飾られたふかみさんの絵をそこを訪れる人が眺めて観る人にいろんな思いを与えることができたらそれも素晴らしいことだと思います。
ともぞうさん、
そうですね♪
絵、観ていただけたら嬉しいです♪
お久しぶりです。ライブのスケジュールをたびたび頂いてますが時間があわずお伺いできずにすみませんm(__)m予定があえばぜひ行かせて頂きたいと思います。これからも頑張ってください★応援してます(*^_^*)
  • by ヘアメイクアージュ佐々木
  • 2006/07/25 2:11 PM
佐々木さん、コメントありがとうございます!!
是非また演奏聴いていただきたいです。
お時間あったら、ライブいらして下さいね♪
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL