一定期間更新がないため広告を表示しています

最近の出来事たち♪

ここ数日で泣き叫ぶ6、7歳の男の子を見かける機会が、
2回もありました。
動物みたいに吼えたり、
ものすごく悲しそうに「えーん、えーん」と規則的に声を上げたり。
泣き叫ぶ声を聞きながら、自分も小さい頃のことを思い出しました。
些細なきっかけなのに、やはりどうにも引っ込みが付かなくなって、
足をバタバタさせながら頭が痛くなるまで泣いたのですが、そういう時って誰もかまってくれなかったな、とか…。
友人に生まれた赤ちゃんのことも思い出しました。
赤ちゃんって「泣く」けれど、涙は流さない。

手の平サイズの猫の夢を見ました。
成猫になってもそのサイズ。
私の手の上でニャンニャン鳴いて転げまわったり、
細い足を突っ張ってみたり、すごく可愛かった。
目が覚めても思い出すと幸せな気分になるほど!
ペットとしても飼えるけれど、食用にもなる猫で、
(夢の中の話、です!)
寒そうだから温めてあげようとフライパンに載せたら、
白身の焼き魚に姿を変えてしまいました。
その時に初めて、もう猫の姿には戻らないのだということに気が付きました。
最近あったいろいろなこと♪

お年寄りの施設で、春の童謡を沢山歌いました。
「ご一緒に歌いましょう」と、
職員の方が作ってくださった歌詞カードを広げて、
まるで学校の音楽の授業のようでした。
(おばあちゃんに「先生」と呼ばれました。)
私のオリジナル曲の中で披露した「彌生弾き」(コブシを作って鍵盤上をこねくり回す)も喜んでいただいて、
「あなたはこうやって弾いてた」と真似をされました。
帰り際に、昨年8月の同施設でのコンサートでお会いした、寝たきりのおじいさんが少し前に亡くなったと知らされました。
私と話を交わした一人の人が亡くなったのですが、
亡くなっているのはきっと一人どころじゃなくて、もっと沢山。
その施設にも。世界にも。

尺八の森川良哉さんと音合わせ。
その前に譜面書き。他の楽器編成の為の譜面から、もしくは音源から、
ピアノと尺八用の譜面を書いていく。
音の取捨選択。分かりやすい書き方とは?
譜面を書くのもコミュニケーション。
手紙を書いているみたい。
音を出してみたら、尺八の音色はとても柔らかくて、
私の曲「kikuchi」のメロディは、ピアノで弾くのよりもっと「いい人」のようなメロディに聴こえたし、
「レンギョウ」も初めて「息を通わせる楽器」で演奏されて、
今までとは違った様相になってきました。
これで、踊りと衣装が加わったらどんな拡がり具合になるか、
本当に楽しみです。

2月下旬から埼玉とか東京とか京都へ行って、
その合間に福岡で、お年寄りの施設で演奏したり、
11月のライブ(尺八の森川良哉さん、ダンスのスウェイン佳子さん、フェルトアートの吉本登志恵さんと共演)の準備を始め、初音合わせもしました。

埼玉で面白かったのは、気球乗りをされる方のお話でした。
ぞれぞれの高度によって違う風が吹いているのを、
風から風へと乗り移りながら目的地へ向かって漂って行くとか、
上空で出会うトンボは同じ風に乗って同じ速度で飛んでいるから、止まっているように見えるとか、
気球はほとんど揺れないから酔わないとか、
そういう話。私も飛んでみたい。

東京では黒田京子さん(p)のトリオ(翠川敬基さんcello、太田惠資さんvln)のライブを聴きました。
どこまでも行けちゃいそうな心地良さ、聴けば聴くほどに、
物語のページをめくるように流れていく音楽でした。
私はもっと沢山聴いてもっと沢山弾かなくちゃならないと、再認識。演奏も語る言葉もまだまだです。

京都では、舞踏の公演の企画段階の話を漏れ聞いた時に、
踊りと音楽について、考えました。
音楽というのは実は(?)とても作為的なことのようだけれど(というところから出発して)、
それに対して踊りはどうだろう?とか、
「自然な」ってどういうことだろう?とか、
音楽が要らないのはどんな時だろうとか、
いろいろ、いろいろ…。
黒い月
ふかみあやです。
mixi日記と併用していきます。
ピアノと歌で自作曲の演奏活動をしています。
活動周辺の話や、趣味で描いている絵など紹介していきます。

ふかみあやライブスケジュール
今月はソロのミニライブを3回します。
梅の香る今日この頃、春の宵にくつろぎにいらして下さい。

■■3月8・22日(水)両日とも21時〜
  cafe楽屋
  福岡市早良区祖原5−1 tel092-822-8043
  music charge 300
  美味しい珈琲とアイリッシュなお酒たちをどうぞ。
  このお店ではライブのほかに、
  毎月手描きのカレンダーを発表しています。

■3月30日(木)20時〜
 カビリア・カフェ
 福岡市中央区六本松2-6-5 tel092-731-2455
 music charge 500
 明るい音色の木目のピアノでライブします。
 そして今月も「The6Pines」(六本松のうた)歌います!
 お食事もできるお店です。